HIV 陽性者の情報流出

14,200人のHIV陽性者の個人情報(個人識別番号、名前、連絡先、HIVの検査結果)がオンラインに流出していることが報告されました。ことの発端は、2016年5月、第三者(無権者)に情報が渡っていることが確認され、警察に報告されました。その2年後、その第三者がまだ情報を保持しているとのことで、個人情報が流出してしまった人たちに連絡がなされました。2019年1月、この情報がオンラインに流出していることを確認したため、ニュースになったようです。警察は、もしオンライン上でこの情報を入手したとしても、不正に利用しないようにと呼び掛けています。

シンガポールの保健省 (Ministry of Health)傘下の医療グループ SingHealthでは、2018年7月のサイバー攻撃により首相を含む、国立の病院を利用したことのある1.5万人の個人情報(医療情報は含まない)がハッキングされました。この時は、首相の外来時に処方された薬の情報などが主にターゲットとなっていたようです。この1.5万人の中にうちの子も入っていたようで、情報が流出した旨の手紙が届きました。

SingHealth.png

前回はハッキングで今回は情報流出なので問題が違いますが、どちらにせよセキュリティ対策をしっかり行う必要があります。

 

References:
Channel NewsAsia: HIV-positive status of 14,200 people leaked online
https://www.channelnewsasia.com/news/singapore/hiv-positive-records-leaked-online-singapore-mikhy-brochez-11175718

Today: Cyberattack on SingHealth: Patients hope they won’t become victims of scams
https://www.todayonline.com/singapore/cyberattack-singhealth-patients-hope-they-wont-become-victims-scams

LEARN.gov.sg

シンガポール公務員研修所(Civil Service College: CSC)からLEARN.gov.sg という学習プラットフォームのベータ版が2018年11月から公開されました。

Mobile App をダウンロードして、gov.sg や edu.sg などのメールアドレスを登録するとワンタイムパスワードが登録したメールアドレスに送られてきます。認証が終了すると、Learn.gov.sg に公開されているさまざまなコンテンツを学習できます。ここでは一口サイズの学習アプローチを採用しており、どのコンテンツも 5分くらいで学習できるようにデザインされています。

screenshot_20190124-182439

私は一日の学習時間目標を 5分に設定してゆっくり勉強中。現在の進捗状況も確認できます。

 

References:

LEARN.gov.sg
https://play.google.com/store/apps/details?id=cxs.cscollege.learn

 

Parents Gateway

2019年1月2日、シンガポールの電子政府から Parent Gateway という、学校と親とが連絡を取り合うためのワンストップサービスが開始されました。

Parents Gateway というMobile App をインストールし、SingPassでログインすると、自分のNRIC(国民登録番号)に紐づいている子供の情報を、電子政府が管理しているデータベースから読み込んでくるという画面にかわります。

 

現在、就学中の子供の名前が表示されました。Mobile App のホーム画面に移動すると、子供の名前が表示されます。

また、うちの子が通っている学校は、Parents Gateway に対応していないようで、学校からの連絡は表示されませんでした。

今までは、担任の先生が個人で、Class DojoといったMobile App を利用して、学校であったことや連絡事項などをクラスの子供の親あてに発信しれくれていました。これからは順次、いろいろな学校がParents Gateway を利用していくことになると思います。

とりあえず子供の情報を確認してみたら、通っている学校の名前の他に学年とクラス名も一緒に表示されてました。クラス名まで電子政府のデータベースに登録されているんだ!ってことにちょっとびっくり。

 

References:

GovTech: A behind-the-scenes look at the Parents Gateway app
https://www.tech.gov.sg/media/technews/behind-the-scenes-look-at-the-parents-gateway-app

Channel News Asia: New mobile app launched for schools to send updates to parents
https://www.channelnewsasia.com/news/singapore/new-mobile-app-launched-for-schools-parents-gateway-11079168

MyInfo

myinfo.png

MyInfo.(2019,  January 23) Retrieved from https://www.singpass.gov.sg/myinfo/intro

2013年1月、シンガポールにおいて個人情報保護法(“Personal Data Protection Act 2012 (PDPA) )が施行されました。個人情報とは、個人が特定できる情報、またはほかの情報と合わせることによって個人が特定できるような情報が「個人情報」として扱われます。(ただしビジネスコンタクトインフォメーションは除外)

シンガポールでは、その個人情報を管理するサイトがあります。2016年5月からスタートしたサービスで、このサイトで一度個人情報を入力し、政府機関による情報共有に関して同意をすると、MyInfo から共有を許可した情報が自動的に提供されるというもの。

2017年3月からは、このサービスが電子政府だけでなく、銀行などからも利用可能となりました。

例えばDBS銀行では、銀行に提出書類に個人の情報をいちいち入力しなくても、MyInfoに情報を登録しておき、情報共有に同意をしておけば、DBS銀行のほうで必要な情報をMyInfo から抽出してくれるので、自分で情報を提供する手間がはぶけます。

つまり、ただの情報のデジタル化なのではなく、プロセスをオンライン化することを目的にしているのが発送の転換です。

ここで、MyInfoで登録しておける情報の一部を紹介します。

myinfo2

 

 

References:

The Straits Times – New MyInfo service cuts hassle of filling in forms for online government services
https://www.straitstimes.com/singapore/new-myinfo-service-cuts-hassle-of-filling-in-forms-for-online-government-services

DBS: More instant with MyInfo
https://www.dbs.com.sg/personal/deposits/bank-with-ease/dbs-myinfo

InfoPier: How Going Digital has Transformed the Public Service
https://www.infopier.sg/blog/-/spblogs/how-going-digital-has-transformed-the-public-service/

 

Parking.sg

シンガポールのMass Rapid Transit (MAS: シンガポールの地下鉄) は以前と比べてかなり便利になりましたが、まだまだ車社会。公共駐車場に駐車する場合には、紙のクーポンかキャッシュカードを使用して駐車料金を払っていました。

2017年10月から始まったサービス”Parking.sg” では、 Mobile App から駐車場の支払が可能になりました。以前は、駐車時間がきれそうになると、車まで戻ってクーポンと追加しないといけませんでした。見回りの人が来た時にクーポンが切れていると、違反切符がきられてしまいます。

Parking.sgでは、例えば1時間分の駐車料金を先に払ったとして、後から駐車時間が1時間以上になってしまう場合には、同じくMobile App から駐車料金を追加できます。これでわざわざ車まで戻らなくてもいい!という便利なアサービスです。

まず、アプリを立ち上げて車両の種類とナンバーを登録し、駐車場を指定します。

駐車時間を指定して、クレジットカード情報を入力して、駐車料金の支払いをすませます。

現在、駐車料金の支払いに使えるのは、Visa, Masterカード、そして American Express デビット・クレジットカードのみ。
このアプリとクレジットカードがあれば、マレーシアからの車でもクーポンなしで駐車料金を払うことができます。

追記(2019年3月3日):国家開発省 (Ministry of National Development)によると、2017年10月に Mobile App が一般に使われるようになってから、55万台の車両、60%以上の車によって Parking.sgが利用されています。 この Mobile appが公開された当時は、18万冊のパーキングクーポンが販売されましたが、2018年12月の時点では、その3分の1以下の5万冊のパーキングクーポンが販売されました。

References:

Housing & Development Board (HDB): Coupon Parking
https://www.hdb.gov.sg/cs/infoweb/car-parks/short-term-parking/coupon-parking

HDB: More convenience with Parking.sg app when it is available for download on 1 October 2017
https://www.hdb.gov.sg/cs/infoweb/press-releases/more-convenience-with-parking.sg-app

Ministry of National Development: Written Answer by Ministry of National Development on use of parking.sg app
https://www.mnd.gov.sg/newsroom/parliament-matters/view/written-answer-by-ministry-of-national-development-on-use-of-parking.sg-app

HealthHub

healthhub1

HealthHub. (2018, December 12) Retrieved from https://www.healthhub.sg/

The Health Promotion Board (HPB:シンガポール健康促進局)によって2015年10月に開始された公立の病院で受けた健康診断の結果や、病院の予約を確認することができるポータルサイト。

自分の履歴だけでなく、子供を含めた家族の健康管理をすることができる。

一番便利だと思うのは、子供の予防接種の履歴が一覧で表示されること。

healthhub2

PDFフォーマットでダウンロードも可能で、これは小学校入学時の必要書類の一つになっています。

また子供の健康診断の結果も、学校からプリントアウトされたものが渡されますが、なくしてしまった!という場合には、このポータルサイトから確認できます。

シンガポールの小学校には歯医者さんがいて、簡単な虫歯治療は無料。学校でつめ物をしてもらったときの履歴も同じように表示されます。

healthhub3.png

Mobile App バージョンもあります。

Screenshot_20181211-130149[1].png

Reference:

The Straits Times: HealthHub launched: 7 things about the new online portal and app
https://www.straitstimes.com/singapore/health/healthhub-launched-7-things-about-the-new-online-portal-and-app

NETS Pay, OCBC Pay Anyone, DBS PayLah!, UOB Mighty

一通り使ってみたので、簡単に主な機能をまとめてみました。

NETS Pay OCBC Pay Anyone DBS PayLah! UOB Mighty
利用条件 銀行口座にリンクされたNETSカード保有者 OCBCの口座保有者 DBS/POSBの口座保持者 UOBの口座、クレジットカードなどの保有者
主な機能 デジタルNETSカード。

NETSカードをあらかじめ NETS Pay に登録しておくことにより、店頭で非接触型決済サービスを利用可能。

登録してあるNETSカードからe-walletにお金を移動できる。

e-Wallet で受金するためのMyQRコードを生成可能。

QRコードを読み込むか、携帯番号を指定して、口座から送金 (PayNow)

一日最高$1000。

Email address を指定して送金することが可能。

OCBCの口座に指定した金額を入金してもらうためのQRコードを作成可能。

DBS/POSBの口座からe-walletにお金を移動できる。

QRコードを読み込むか、携帯番号を指定して、e-wallet から一日に最高$999送金できる。

DBS/POSB の iBanking を利用している場合、最高額を変更可能。

eAng Bao を利用して、最大5人に同時に同額を送金できる。

e-Wallet で受金するためのMyQRコードを生成可能。

PayNow機能あり。

店頭で非接触型決済サービスを利用可能。

References:

NETS Pay
https://ialsocan.wordpress.com/2018/12/08/nets-pay/

OCBC Pay Anymore
https://ialsocan.wordpress.com/2018/11/22/ocbc-pay-anyone/

DBS PayLah!
https://ialsocan.wordpress.com/2018/12/04/dbs-paylah/

UOB Mighty
https://ialsocan.wordpress.com/2018/12/08/uob-mighty/

PayNow
https://ialsocan.wordpress.com/2018/12/04/paynow/

 

NETS Pay

NETS Pay は、Network for Electronic Transfers(Singapore)Pte Ltdから提供されている Mobile Wallet。

設定しようとしたら、指紋認証やパターンなどを利用してロックされてる携帯でないとNETS Pay の設定ができないというエラー。

Screenshot_20181206-002356[1]

まずは連携する銀行と口座の設定をします。

タップ&ペイにも対応しているので、これでデビッドカードを選択して非接触型決済端末で決済もできる。

このNETS Pay が他の Mobile Apps と違うところは、例えば、OCBC Pay Anyone は、OCBCの口座を持っている顧客向けのアプリ。それに対して、NETS Payはこのアプリ1つでDBS/POSB、OCBCまたはUOBのカードにアクセスできてしまう!

トランスファー サービスを見てみましょう。以下の3つのメニューが表示されます。

Screenshot_20181206-003802[1]

送金するときは相手の携帯番号を指定して、金額を入力。他行のアプリと同じ。

Screenshot_20181206-003746[1]

受金する際には、金額を指定して “Generate Code” をクリックすると、自分の携帯番号と送金してほしい金額をもとにQRコードが作成されます。このQRコードをスキャンしてもらえば、NETS Pay の e-Wallet に5ドル送金されます。

 

* QRコードは加工して読めなくしてあります。

Reference:

NETS – NETS Pay
https://www.nets.com.sg/consumer/products/netspay

UOB Mighty

UOB Mighty はUnited Overseas Bank (UOB)の Mobile App。設定時の画面のスクリーンショットをとりたかったのだけど、とれない設定になっているみたい。。。ログイン後の画面はこちら。

Screenshot_20181206-000951[1]

このMobile App は、デビットカードやクレジットカードを登録することによって、非接触型決済に対応している店舗での支払いにタップ&ペイを使用できる。このサービスは 2015年11月から開始されており、UOBは非接触型決済サービス(NFC使用)の提供を開始した最初の銀行。

 

携帯自体の設定で、タップ&ペイをUOB Mighty に変更します。

Screenshot_20181208-003913[1]

 

Reference:

UOB – Pay with UOB Mighty
https://www.uob.com.sg/personal/eservices/mobile/how-to-digitise.page

The Straits Times – UOB app enables customers to tap mobile phones for payments
https://www.straitstimes.com/business/banking/uob-app-enables-customers-to-tap-mobile-phones-for-payments

 

PayNow

PayNow は、2017年7月から始まった Peer-to-Peer の送金サービスで、国民と永住権保持者がもつNational Registration Identity Card (NRIC)の番号や、携帯番号を指定することにより、それに紐づけされた銀行口座から送受金できるというサービス。現在、PayNowに参加しているのは9行(Bank of China, Citibank Singapore Limited, DBS Bank/POSB, HSBC, Industrial and Commercial Bank of China Limited, Maybank, OCBC Bank, Standard Chartered Bank,  UOB)。

1つの携帯番号に紐づけすることができる銀行口座は1つだけで、もし他の銀行口座もPayNowで利用したい場合には、NRIC番号に紐づけする必要があります。

2018年8月からは、PayNow Corporate がスタート。あらかじめ登録されたCompany Unique Entity Number (UEN) を利用して送受金できる。こちらは、現在、7行(Citibank, DBS Bank/POSB, HSBC, Maybank, OCBC Bank, Standard Chartered Bank ,UOB)が参加。企業や政府系サービスに対してもPayNowで支払が可能となりました。

2018年8月の時点で、PayNowの登録者数は1.6百万、PayNowを利用した取引額は12億シンガポールドルにのぼります。

References:

ABS – PayNow
https://www.abs.org.sg/consumer-banking/pay-now

ABS – Successful Launch of PayNow Corporate

クリックしてpaynow-launch—press-release-updated-final.pdfにアクセス