Beat the Jam

シンガポールは何かと物価が高いので、マレーシアのジョホールバルに住んで、シンガポールに出勤&登校する人たちもいて、通勤時間帯はそれなりに混みます。毎朝出国&入国を繰り返すわけで、それぞれの入管の混み具合は、国をまたいで通勤通学している人にはとても重要です。

そこで入管の混み具合をチェックできるいくつかのMobile App から Beat the Jam を紹介したいと思います。

まず、シンガポールからジョホール、またはジョホールからシンガポールに行くとき、だいたい入管をどれくらいで通過できるか確認できます。

週末はとくに入管は混むのですが、今週末は特別です。
今年は2月4日(月)が旧正月前日。祝日は旧正月初日と2日目だけですが、学校やオフィスはだいたい旧正月前日は半日営業となるので、月曜日の午前中に休みをとると5日連休となります。そこで、1日の金曜の夕方からシンガポールからマレーシアへの帰省が始まりました。通常、旧正月の前日は、多くの中華系の家族は家族みんな集まって食事(Reunion Dinner)をするので、それに間に合うように帰省がはじまるのです。

入管は2箇所あり、ジョホール市内にいく方はCauseway、ジョホール市内を通らない方は2nd Link。Causewayでは土曜日の朝3時の時点で渋滞が始まっており、午後2時でも入管を通過するのに3~4時間かかっているようです。

Liveカメラと、Google Mapからも混み具合が確認できます。

他にはマレーシアリンギットとシンガポールドルの為替情報や、マレーシアのガソリンの値段もあります。

Screenshot_20190202-141734

24時間の混雑予想もでているのですが、7日前の混雑具合との比較なので、旧正月の場合は当てにならないかも。旧正月の場合は過去の旧正月前後の情報を参考にしたほうが正確だとおもいます。

Screenshot_20190202-141916

References:

Mortorist.sg: The Best and Worst Times to Drive to Malaysia This CNY
https://www.motorist.sg/article/350/the-best-and-worst-times-to-drive-to-malaysia-this-cny

Healthy 365

smartwatch

Healthy 365はシンガポール保健省傘下の政府機関、健康促進局 (Health Promotion Board) から提供されているMobile Appで、スマートブレスと連携して使います。スマートブレスで計測する歩数や心拍数を携帯からシンクロすることによって健康管理をするアプリです。歩数や身体活動量 (MVPA)はポイントに換算され、同じアプリを利用している人同士でポイントのランキングがでます。

アプリ自体はどこにでもありそうなアプリですが、重要なのは、Healthy 365 app が国をあげての健康促進運動に使用されていることです。

まず、Healthy 365をダウンロードして登録すると、スマートブレスがタダで国から支給されるのです!チャレンジに登録すると、どこの郵便局でスマートブレスを受け取ればいいのか mail で連絡があるか、または、会社でチャレンジを開催している場合、会社に登録された分のスマートブレスが配布されます。

現在は、National Steps Challenge Season 4 が2018年の10月末から始まっており、これは国レベルのチャレンジで誰でも参加できます。同時に2019年1月からコーポレートチャレンジも開催されており、勤め先の会社内のチャレンジにも参加できます。これは、指定された会社コードを入力して参加するので、その会社の社員だけが参加できるチャレンジ。同時に両方のチャレンジに参加することもできます。

コーポレートチャレンジには、393の会社や学校、組織が参加しています。(そのうち公共団体は302)。その中で、自分が所属している団体が何位なのか、また企業内チャレンジでは所属している部署が何位なのか確認することができます。

screenshot_20190124-235728

また、歩数や身体活動量(MVPA)から換算されたポイントは、スーパーやフードコートで使えるクーポンに引換えてもらうことができます。

例えば、1日1万歩以上あるくと最高で40ポイントもらえ、合計で750ポイントためると5ドルのクーポンに引換えることが可能です。

その他、National Steps Challenge (NSC) 参加者に抽選で、シンガポール航空ビジネスクラスでいくニューヨークまでのペア航空券が当たります。

2015年10月に公開された Mobile App ですが、情報通信メディア開発庁 (Infocomm Media Development Authority:IMDA) によると2017年3月の時点で210,000ダウンロード、NSC 参加者は156,000にものぼります。シンガポールの人口は約561万人、うち0 – 19才の人口を除くと大人は440万人。20人に1人がこのHealthy 365 をダウンロードしていることになります。

References:

Health Hub: Healthy 365 app
https://www.healthhub.sg/apps/25/healthy365

Health Hub: National Steps Challenge ™ Season 4 is Here!
https://www.healthhub.sg/programmes/37/nsc

IMDA: Stepping Up to the Healthy Challenge
https://www.imda.gov.sg/infocomm-and-media-news/buzz-central/2016/6/stepping-up-to-the-healthy-challenge

LEARN.gov.sg

シンガポール公務員研修所(Civil Service College: CSC)からLEARN.gov.sg という学習プラットフォームのベータ版が2018年11月から公開されました。

Mobile App をダウンロードして、gov.sg や edu.sg などのメールアドレスを登録するとワンタイムパスワードが登録したメールアドレスに送られてきます。認証が終了すると、Learn.gov.sg に公開されているさまざまなコンテンツを学習できます。ここでは一口サイズの学習アプローチを採用しており、どのコンテンツも 5分くらいで学習できるようにデザインされています。

screenshot_20190124-182439

私は一日の学習時間目標を 5分に設定してゆっくり勉強中。現在の進捗状況も確認できます。

 

References:

LEARN.gov.sg
https://play.google.com/store/apps/details?id=cxs.cscollege.learn

 

Parents Gateway

2019年1月2日、シンガポールの電子政府から Parent Gateway という、学校と親とが連絡を取り合うためのワンストップサービスが開始されました。

Parents Gateway というMobile App をインストールし、SingPassでログインすると、自分のNRIC(国民登録番号)に紐づいている子供の情報を、電子政府が管理しているデータベースから読み込んでくるという画面にかわります。

 

現在、就学中の子供の名前が表示されました。Mobile App のホーム画面に移動すると、子供の名前が表示されます。

また、うちの子が通っている学校は、Parents Gateway に対応していないようで、学校からの連絡は表示されませんでした。

今までは、担任の先生が個人で、Class DojoといったMobile App を利用して、学校であったことや連絡事項などをクラスの子供の親あてに発信しれくれていました。これからは順次、いろいろな学校がParents Gateway を利用していくことになると思います。

とりあえず子供の情報を確認してみたら、通っている学校の名前の他に学年とクラス名も一緒に表示されてました。クラス名まで電子政府のデータベースに登録されているんだ!ってことにちょっとびっくり。

 

References:

GovTech: A behind-the-scenes look at the Parents Gateway app
https://www.tech.gov.sg/media/technews/behind-the-scenes-look-at-the-parents-gateway-app

Channel News Asia: New mobile app launched for schools to send updates to parents
https://www.channelnewsasia.com/news/singapore/new-mobile-app-launched-for-schools-parents-gateway-11079168

Parking.sg

シンガポールのMass Rapid Transit (MAS: シンガポールの地下鉄) は以前と比べてかなり便利になりましたが、まだまだ車社会。公共駐車場に駐車する場合には、紙のクーポンかキャッシュカードを使用して駐車料金を払っていました。

2017年10月から始まったサービス”Parking.sg” では、 Mobile App から駐車場の支払が可能になりました。以前は、駐車時間がきれそうになると、車まで戻ってクーポンと追加しないといけませんでした。見回りの人が来た時にクーポンが切れていると、違反切符がきられてしまいます。

Parking.sgでは、例えば1時間分の駐車料金を先に払ったとして、後から駐車時間が1時間以上になってしまう場合には、同じくMobile App から駐車料金を追加できます。これでわざわざ車まで戻らなくてもいい!という便利なアサービスです。

まず、アプリを立ち上げて車両の種類とナンバーを登録し、駐車場を指定します。

駐車時間を指定して、クレジットカード情報を入力して、駐車料金の支払いをすませます。

現在、駐車料金の支払いに使えるのは、Visa, Masterカード、そして American Express デビット・クレジットカードのみ。
このアプリとクレジットカードがあれば、マレーシアからの車でもクーポンなしで駐車料金を払うことができます。

追記(2019年3月3日):国家開発省 (Ministry of National Development)によると、2017年10月に Mobile App が一般に使われるようになってから、55万台の車両、60%以上の車によって Parking.sgが利用されています。 この Mobile appが公開された当時は、18万冊のパーキングクーポンが販売されましたが、2018年12月の時点では、その3分の1以下の5万冊のパーキングクーポンが販売されました。

References:

Housing & Development Board (HDB): Coupon Parking
https://www.hdb.gov.sg/cs/infoweb/car-parks/short-term-parking/coupon-parking

HDB: More convenience with Parking.sg app when it is available for download on 1 October 2017
https://www.hdb.gov.sg/cs/infoweb/press-releases/more-convenience-with-parking.sg-app

Ministry of National Development: Written Answer by Ministry of National Development on use of parking.sg app
https://www.mnd.gov.sg/newsroom/parliament-matters/view/written-answer-by-ministry-of-national-development-on-use-of-parking.sg-app

NETS Pay

NETS Pay は、Network for Electronic Transfers(Singapore)Pte Ltdから提供されている Mobile Wallet。

設定しようとしたら、指紋認証やパターンなどを利用してロックされてる携帯でないとNETS Pay の設定ができないというエラー。

Screenshot_20181206-002356[1]

まずは連携する銀行と口座の設定をします。

タップ&ペイにも対応しているので、これでデビッドカードを選択して非接触型決済端末で決済もできる。

このNETS Pay が他の Mobile Apps と違うところは、例えば、OCBC Pay Anyone は、OCBCの口座を持っている顧客向けのアプリ。それに対して、NETS Payはこのアプリ1つでDBS/POSB、OCBCまたはUOBのカードにアクセスできてしまう!

トランスファー サービスを見てみましょう。以下の3つのメニューが表示されます。

Screenshot_20181206-003802[1]

送金するときは相手の携帯番号を指定して、金額を入力。他行のアプリと同じ。

Screenshot_20181206-003746[1]

受金する際には、金額を指定して “Generate Code” をクリックすると、自分の携帯番号と送金してほしい金額をもとにQRコードが作成されます。このQRコードをスキャンしてもらえば、NETS Pay の e-Wallet に5ドル送金されます。

 

* QRコードは加工して読めなくしてあります。

Reference:

NETS – NETS Pay
https://www.nets.com.sg/consumer/products/netspay

UOB Mighty

UOB Mighty はUnited Overseas Bank (UOB)の Mobile App。設定時の画面のスクリーンショットをとりたかったのだけど、とれない設定になっているみたい。。。ログイン後の画面はこちら。

Screenshot_20181206-000951[1]

このMobile App は、デビットカードやクレジットカードを登録することによって、非接触型決済に対応している店舗での支払いにタップ&ペイを使用できる。このサービスは 2015年11月から開始されており、UOBは非接触型決済サービス(NFC使用)の提供を開始した最初の銀行。

 

携帯自体の設定で、タップ&ペイをUOB Mighty に変更します。

Screenshot_20181208-003913[1]

 

Reference:

UOB – Pay with UOB Mighty
https://www.uob.com.sg/personal/eservices/mobile/how-to-digitise.page

The Straits Times – UOB app enables customers to tap mobile phones for payments
https://www.straitstimes.com/business/banking/uob-app-enables-customers-to-tap-mobile-phones-for-payments

 

DBS PayLah!

シンガポールで一番最初にQRコードを仕様した決済サービスを始めたのはDBS。DBS PayLahというMobile Wallet は2014年から開始されました。

たとえば、お店で2ドルの買い物をしてMobile Wallet から支払う場合。DBS PayLah!にログインすると、私の Mobile Wallet に5ドルはいってるのがわかります。Mobile Wallet には、”MANAGE”をクリックして口座からいつでも追加できます。

Screenshot_20181128-112046

次に Scan QRからお店のQRコードを読み取ると、お店の名前がでてくるので、指定された金額を入力し、

Screenshot_20181128-112140

確認画面で確認してから、”LET’S GO!”。

Screenshot_20181128-112149

支払終了画面をお店の人に確認してもらえたら決済完了。自分の Mobile Wallet から2ドル使われたのがわかります。

Screenshot_20181128-112159.png

Cheersというコンビニだと、お店のコードと支払額が指定されたQRコードがレシートに表示されて、Scan QR からQRコードを読み込むと、金額を自分で入力することなく送金終了。

DSC_6636.JPG

*QRコードは加工して読めなくしてあります。

お店での支払いだけでなく、携帯番号を指定して、友達に送金することも可能です。相手の携帯でPayLah が使われている場合には、PayLah の e-wallet にお金が入りますが、PayLah ではなく、携帯が銀行口座に紐づけされているだけあれば、PayNowを利用して銀行口座に送金されます。

Screenshot_20181211-130704.png

 

シンガポールではキャッシュレス化が加速しており、屋台でも携帯で決済可能。

DSC_6543.JPG

References:
DBS: DBS PayLah!
https://www.dbs.com.sg/personal/deposits/pay-with-ease/dbs-paylah

OCBC Pay Anyone ™

Screenshot_20181122-010808

シンガポールのメジャーなeWallet 携帯アプリをインストールしてみました。せっかくシンガポールの3行(OCBC、DBS、UOB)に口座を持っているので試してみようと思います。

まずはOCBC Pay Anyone から。こちらは、2017年5月にスタートしたOCBCの Mobile App。ログインするには iBanking のIDとパスワードが必要です。

Screenshot_20181122-002055

その後、ワンタイムパスワードのトークンを使うか、SMSで送られてくる6桁のパスワードを入力すると、ログイン完了。

Screenshot_20181122-005213.png

画面は至ってシンプルで、QRコードを読み込んで支払いをしたり、

Screenshot_20181122-005320

PayNowと同じように、OCBCの自分の口座から、携帯番号を指定した相手に送金可能。

Screenshot_20181122-012726

Facebookを利用すれば、自分と送金した相手にのみFacebook経由で送金の確認をすることができる。

最後のEmailの機能。これは、Emailを指定しただけで相手に送金ができてしまいます。どうやって送金されるんだろう? ということで試してみました。

まずは、OCBC Pay Anyoneの携帯アプリから私のgmailアカウントを指定して、5セント送ることにします♪

Screenshot_20181122-005511.png

次に、送金相手(Emailアドレスの持ち主)との間の、6桁の秘密のパスコードを指定します。確認画面のあと、送金完了のメッセージが表示されます。

Screenshot_20181122-005634.png

では、送金相手のほうを見てみます。Gmailに、NAMI IMANISHIから5セント送られてきたというメールが届きました。

ocbc0

Collect Money のリンクをクリックすると、OCBC Pay Anyoneのサービスを利用することに対して同意が求められ、次に秘密のパスコードを入力するように促されます。

ocbc2.png

この5セントを入金したい銀行と口座を指定します。

ocbc3

確認画面から入金する銀行と口座番号を確認し、入金が完了。

ocbc5.png

また、OCBC Pay Anyone を利用して送金した側には、送金した相手がお金を受け取ったというメッセージが送られます。

msg.png

送金する側はメールアドレスを指定するだけで簡単に送金できるのだけど、受取側は、口座番号を入力しないといけないので、口座番号がわかるものが手元にないといけません。口座番号を調べなくちゃいけないのがちょっと手間かも。

Reference:

OCBC Pay Anyone ™
https://www.ocbc.com/personal-banking/online-banking/payanyone.html

 

OCBC Group: OCBC Bank Launches Cashless QR Code Payments with its First Standalone Mobile Payments App
https://www.ocbc.com/group/media/release/2017/ocbc-bank-launches-payanyone-mobile-payment-app.html

Razer Pay

DSC_6454

Razer はサンフランシスコにグローバル本社をかまえるゲーミングデバイスメーカー。

そのゲーミングデバイスメーカーが e-wallet サービス、Razer Payをマレーシアで開始したのは、2018年7月、数か月前のこと。マレーシアでは、セブンイレブン、スターバックスなどのリテールサービスや飲食店6000店舗以上でRazer Pay で支払いが可能です。

自分の口座のある銀行からRazer Pay にお金を追加するか、またはセブンイレブンにて追加することも可能。

使い方は、Razer Pay のモバイル画面から、Pay (支払い)ボタンをおすと、自分のe-wallet を示すQRコードとバーコードが携帯の画面に表示される。それをセブンイレブンなどのキャッシャーでスキャンし、キャッシャーから支払い金額が入力され決済されると、携帯の画面にTransaction Successful という決済が終了したというメッセージが表示される。

そのRazer Pay が シンガポールのNETSと提携を発表しました。シンガポールでも2019年最初の四半期にはサービスが開始されるようです。

References:

Tech in Asia: Malaysia is the first country to get Razer Pay, Razer’s long-awaited digital wallet
https://www.techinasia.com/razer-pay-launch-malaysia

Razer Press: Razer Pay partners NETS to launch in Singapore in Q1 2019
https://press.razer.com/press-releases/razer-pay-partners-nets-to-launch-in-singapore-in-q1-2019/