PropertyGuru

pg1.png

PropertyGuru (October 18, 2019) Retrieved from
https://www.propertyguru.com.sg

以前は新聞の広告を見て家を探していましたが、最近は誰もがPropertyGuru を参考にしているのではないでしょうか。

2007年にシンガポールでスタートした PropertyGuruですが、現在ではマレーシア、インドネシア、シンガポールでも家探しの情報を提供しています。

家探しでは、以下のように、地域や予算のほかに、ベッドルームは何部屋希望か、階層はどこがいいのか、面積など細かく指定して検索することができます。

pg4.png

検索結果から、興味みある物件がみつかったら、自分の連絡先を入力して、I’m Interested ボタンを押すと、エージェントから連絡がくる仕組みになっています。

pg5.png

このサイトは家を買いたい・借りたいと思っている人だけでなく、家を売りたい・貸したいと思っている人たちにも便利なサイトです。

例えば、自分の住んでいるコンドミニアムの同じようなレイアウトのユニットが過去、どれくらいの値段で取引されていたかの推移が見れるので、売りに出すときに値段の参考になります。

pg3

また、同じレイアウトでも階層が違えば値段も違うので、自分のユニットと同じレイアウトで同じような階層のユニットは、最近の取引では実際いくらで売れたのか、という情報もみれます。

pg2

同じコンドに住んでて、部屋を売って引っ越していく人がいますが、いくらで売ったのかな?なんてことも調べられちゃいます。

そういえば、シンガポールの人って気兼ねなく値段を聞いてきます。コンドを買ったというと、何平米?いくら?という感じに。別に人の懐具合をみているのではなく、単に良い買い物をしたのか、損したのか、という世間話程度の興味なのです。

 

Renascence:

PropertyGuru:
https://www.propertygurugroup.com/our-company/

 

Pythonで NRICのチェックディジットを調べる

シンガポール人と永住権保持者には、国民登録番号 (National Registration Identification Card (NRIC))が与えられます。国民登録番号については、ここを参照してください。

国民登録番号の最初と最後にはアルファベットがあるのですが、最後のアルファベットはチェックディジットとして使われています。つまり、適当に番号を作っても、最後のアルファベットが正しいものでなければ、無効な番号となります。

シンガポールの国民登録番号のチェックディジットはモジュラス11 ウェイト2 – 7を使用しています(最初のアルファベットがSの場合)。アルゴリズムは以下:

  1. 数値の各桁に、2から7のウェイト(係数)を掛け、各桁の結果の合計を求める。
  2. 合計を11で割り、モジュラス(余り)を求める
  3. このモジュラスを 11 から引いたもの(11 – モジュラス)がチェックデジット

このアルゴリズム、公式に公開されているわけではなく、オープンソースのドキュメントに一部の情報が書かれているという程度です。なので、ソースコードをまるごとここに公開するのも気が引けるので、動画でお届けします。

例えば、最初と最後のアルファベットを除いた番号が、7012345の場合(1970年生まれのID)、最後のアルファベットはBということになります。つまり、S7012345Bはアルゴリズムからいくと有効な番号。存在するかどうかは別としてね。

MyCareersFuture.sg – あなたにおススメのお仕事は?

cf1.png

MyCareersFuture.sg (October 15, 2019) Retrieved from https://MyCareersFuture.sg/

シンガポールで職探しをするのによく利用される Web Site は、JobstreetMonster Indeed: Job Searchですが、その他に、政府が運営しているMyCareersFuture.sgというサイトがあります。

2014年7月に シンガポール労働力開発庁(Singapore Workforce Development Agency: WDA)が始めたjob matching のサイト Job Bank  が新しく生まれ変わり、2018年4月から MyCareersFuture.sgとしてスタートしました。

職探しをするためには、まず、自分のスキルを記入しておく必要があります。政府系のサイトは、SingPass でログインします。

cf2

登録されているスキルのなかから自分の持っているスキルを追加し、学歴なども追加していきます。現在、特に職を探しているわけではないので、「職は探してません」を選択しました。

cf3

自分のプロファイルを設定し終わったところで、他に、Lecturer の求職があるかどうか調べてみます。

現在 Lecturer 募集の求人の中で、自分の登録したスキルに求人内容が何%マッチしているかを機械学習で評価し、検索結果が表示されます。

cf4.png

 

今現在の私のスキルじゃ、職失ったら次の職がみつからないかも。。。何か新しいこと勉強しよう!

 

References:
The Straits Times: National Jobs Bank launched, currently has 16,000 job postings
https://www.straitstimes.com/singapore/national-jobs-bank-launched-currently-has-16000-job-postings

Channel News Asia: MyCareersFuture.sg replaces Jobs Bank as landing page for jobseekers
https://www.channelnewsasia.com/news/singapore/mycareersfuture-sg-replaces-jobs-bank-as-landing-page-for-10145804

GovTech: 6 hacks to land a great job via MyCareersFuture.sg
https://www.tech.gov.sg/media/technews/hacks-to-land-a-great-job-via-mycareersfuture

 

FormSG

formsg1

FormSG (October 11, 2019) Retrieved from https://form.gov.sg/

GovTech から、Google Form のような公開可能なアンケートやフォームを簡単に作成できるサイトが2017年9月に公開されました。以前紹介したParking.sg、colourise.sgもGovTechによって開発されたMobile Appです

このフォームで作成されたアンケート、申し込みシステムはすでに実用されており、最近ではナショナルデーパレード2019のチケット申し込みにも使用されました。

フォームを作成するのにアカウントを作る必要がありますが、こちら、gmail ではできません。ちゃんとシンガポール政府関係のメールアドレスで登録しないといけません。

form1

お仕事用のメールでログインすると、サンプルにさまざまな政府関連の機関から作成&公開されているフォームがテンプレートとして自由に使えるようになっています。

一応、サンプルのフォーム名は隠しておくことにします。

formsg3

作成する画面はとてもシンプル。左のパネルから、ラジオボタンなど、フォームに追加したいオブジェクトを追加していきます。

formsg5.png

たとえば、どの国に旅行に行きたいですか? とか。

formsg6

このフォームを公開してユーザに回答してもらうときに、SingPass や CorpPass (SingPass の会社版)を利用して回答してもらうこともできるので、シンガポール政府のシステムを利用して本人確認ができてしまいます。この機能を使うには、e-service IDが必要で、あらかじめSingPass を利用して本人確認をしたいという申請が必要です。

データですが、回答されたデータはFormSGには保存されずに、現時点ではEmailで作成者に送られるので、万が一FormSGのサーバーがダウンしても、自分の所属する政府機関のメールサーバーがハッキングされない限り大丈夫!ということのようです。

 

References:

GovTech: FormSG
https://www.tech.gov.sg/products-and-services/formsg/

Data.gov.sg Blog: Powering National Day Parade Ticket Applications
https://blog.data.gov.sg/powering-national-day-parade-ticket-applications-5a6f5cb66393

 

 

Active Health @ Decathlon

ちょっといろいろあってサイトを全然更新してなかったのですが、最後によく更新してたのは2019年3月くらい。それくらいに、Decathlon 日本第1号店が西宮にオープン というニュースを見ました。デカトロンはシンガポールに5-6実店舗あり、コスパがよく人気のスポーツ・アウトドア用品店。うちもよく利用しています。その中でも2019年1月にオープンしたカランの店舗は、5000m²の大きな敷地で(日本銀行の敷地面積くらい)、Sports Singaporeと提携し、シンガポール人への健康に関する教育及びスポーツの振興のため、Active Health や ActiveSGの分野での協力に合意しています。

Sports Singaporeは 文化社会青年省(Ministry of Culture, Community and Youth)の政府機関で、以前はシンガポール・スポーツ協議会(Singapore Sports Council : SSC)と呼ばれていました。さらなるシンガポールにおけるスポーツ振興のため、その役割はかわらないのですが、2014年4月からブランドの再構築をし名称変更しました。その際、Sports Singapore によって行われている包括的なスポーツの全国運動 ActiveSG が立ち上げられ、スポーツニュースやイベント、施設やスポーツコーチの情報を web site にて提供しています。
また、2017年7月には、個人の健康について意識を高めてもらうために、Active Health という新しい社会運動が始まりました。

政府機関と提携しているので、デカトロンカラン店では健康に関するワークショップがあったり、面白い機械があったりします。

サイトにアクセスして年齢性別、メールアドレスを入力すると、自分専用のQRコードがもらえます。それを、この機械のカメラで読み込むと測定開始。血圧、身長&体重、体脂肪&骨密度を診断して、結果がメールで送られてきます。

下半身にいっぱい脂肪がついてるよーというお知らせがきました。

active1

 

References:

The Straits Timtes – Singapore Sports Council known as Sport Singapore from April in rebranding exercise

https://www.straitstimes.com/singapore/singapore-sports-council-known-as-sport-singapore-from-april-in-rebranding-exercise

Today Online – SportSG launches Active Health social movement to teach Singaporeans how to stay healthy
https://www.todayonline.com/sports/sportsg-launches-active-health-social-movement-teach-singaporeans-how-stay-healthy

One.Motoring

onem1.png

One.Motoring (October 18, 2019)
Retrieved from https://onepay.onemotoring.com.sg/

One.Motoring サイトは、陸上交通庁(LTA:Land Transport Authority)によって2000年10月から運営されているサイトで、ドライバーにシンガポール全体の道路工事、交通状態の情報を提供するためのサイトです。

現在の道路工事や事故情報や、シンガポールとマレーシアを毎日行き来しているドライバーたちに、シンガポールに2か所あるチェックポイントのライブカメラの画像を表示してます。onem4

onem5

また、シンガポールにはいたるところにスピードチェックなどカメラやセンサーがあるので、もしかしてカメラで撮られちゃったかも、、、なんてことも。交通違反をしてしまった場合、だいたい2週間後くらいに手紙が送られてくるのですが、それまで待てない!という場合には、このサイトで確認できます。

 

先日、ちょうどスピードだしていたときに、スピード測定している警察の人が道路わきにいたのだけど、どうやら違反切符きられてないようです!

 

Reference:

Growth of the Motoring Industry in Tandem with ONE.MOTORING’s Development
https://www.onemotoring.com.sg/10years/One.Motoring-Development.html

 

交通違反の点数を知るには

pl1.png

Singapore Police Force (March 18, 2019) Retrieved from https://eservices.police.gov.sg/

シンガポールの運転免許の有効期限は65歳の誕生日まで。その後は3年ごとに再発行をしないといけません。外国人の運転免許の有効期限は5年。

24か月以内に24点減点(正式には累積)されてしまうと免停になってしまいます。減点された点数は最も最近減点された日から数えて1年たつと履歴から消えます。例えば、2018年11月に6点減点されて、さらに2019年5月に12点減点された場合に、この18点は2020年の5月末にならないと、減点された点数が削除されません。

現在、何点減点されているのか確認するには、警察庁のサイトから確認できます。

SingPass でログイン、または、NRICと誕生日と運転免許所の番号を入力し、e‑Services > Enquiry > Status of Driver Improvement Points から確認できます。

私はまだ運転免許をとりたてで減点されていないので、減点された過去のある知り合いからその履歴を見せてもらいました。

減点された日付、場所、理由、点数が表示されます。知り合いは18点減点されているので、あと6点この数か月の間に減点されてしまったら3か月の免停です!

 

IMG-20190317-WA0003

Reference:

Singapore Police Force
https://eservices.police.gov.sg/content/policehubhome/homepage.html

Noodle Factory

n1.png

Noodle Factory (March 9, 2019) Retrieved from https://www.noodlefactory.ai/

先日のAI for Everyone workshop で紹介された、Noodle Factory Chatbot を紹介します。

チャットボットを簡単にカスタマイズして一般に使えるようにしたサービスです。何をテーマに会話をさせるのか、テーマになる情報をワードにまとめ、そのワードファイルをNoodle Factory にアップロードするだけで、そのテーマ専用のチャットボットを作成できます。ワードファイルは、特別なフォーマットを用いるのではなく、一般的な文章です。

例えば、学校のオープンキャンパスのイベントを行う際、イベント情報をワードにまとめて Noodle Factory にアップロードするだけ。「イベントは何時からですか?」「学科に関する質問をしたいのですが、学科の先生とお話できますか?」など、イベント担当の人にメールをしなくても、オープンキャンパスのイベント情報を学習したチャットボットを用意しておけば、簡単なイベントに関する質問メールに時間をさくこともなくなります。

6か月のトライアルアカウントを作ってもらったので、試しに、Deep Learning とは何かを Wikipedia からコピーしてワードにし、それをアップロードしてみました。

ファイルがアップロードされたのがわかります。

nf1

そこでDeep Learning ついていくつか質問してみました。

nf2

与えた情報内でしか質問に答えられませんが、質問を理解して、回答を与えられた文章の中からさがします。

質問と回答は記録として残るので、もし回答が正しくなかった場合には、あとから変更することもできます。次回、同じような質問があったときには、ただしい回答をさせるように学習させます。

nf3

チャットボットを作成するには、自然言語処理やDeep Learning を駆使する必要がありますが、その部分をNoodle Factoryがバックエンドで担ってくれるのですね。

 

Reference:

Noodle Factory
https://www.noodlefactory.ai/

シンガポールで現在活躍中のChatBot

2016年以降、シンガポールではさまざまなチャットボットが使われるようになりました。現在活躍中のChatBotを紹介します。

Ask Judy

住宅開発庁 (Housing & Development Board: HDB) で、新しい&中古の公営住宅のユニットについて、住宅ローン、月極駐車場などについて質問することができます。

judy.png

Housing & Development Board (March 9, 2019) Retrieved from https://www.hdb.gov.sg/cs/infoweb/homepage

Ask Jamie

Jamie は、政府系のオンラインサービスでよく見かけます。ちょっと探しただけでも以下のサイトで利用されていました。

環境庁(National Environment Agency:NEA)
陸上交通庁(Land Transport Authority:LTA)
教育省(Ministry of Education: MOE)
内国歳入庁(Inland Revenue Authority of Singapore: IRAS)
GeBIZ (公開入札サービス)
会計企業規制庁(The Accounting and Corporate Regulatory Authority: ACRA)
社会・家庭振興省(Ministry of Social And Family Development:MSF)
法務省 (Ministry of Law: MinLaw)
CorpPass (SingPassの企業用)
健康省 (Ministry of Health: MOH)
シンガポール土地管理局(The Singapore Land Authority: SLA)
内務省 (Ministry of Home Affairs:MHA)

それぞれの省庁のWEBサイトで質問されるであろう内容にChatbotがトレーニングされているようです。

jamie.png

National Environment Agency (March 9, 2019) Retrieved from https://www.nea.gov.sg/
Ministry of Education (March 9, 2019) Retrieved from https://www.moe.gov.sg/
Land Transport Authority (March 9, 2019) Retrieved from https://www.lta.gov.sg/
Inland Revenue Authority of Singapore (March 9, 2019) Retrieved from https://www.iras.gov.sg/

シンガポール警察庁(Singapore Police Force)の Jamie はちょっと顔が違うかも?

jamie2.png

Singapore Police Force (March 9, 2019) Retrieved from https://www.police.gov.sg/

Jim

DBS銀行の採用担当部署で利用されているChatbotで、2018年6月にサービス開始しました。DBSに就職希望の人に、Jimによる Pre-screening 一次面接のようなものが行われます。また、心理測定テストのようなものも行い、その結果を採用チームに報告します。

 

Bus Uncle

私のおすすめは、バスおじさん Bus Uncle です。2016年10月に始まったサービスで、Facebook Messenger Bot です。シングリッシュで話してくれるし、突っ込んでくれるし、親近感があります。

bus2.png

Bus Uncle (March 9, 2019) Retrieved from https://www.busuncle.sg/

適当にバスの番号と場所を指定して、次のバスはいつ来るのか聞いてみました。すると、「何言ってんの?そのバスはそんな場所にとまらないよ!」と突っ込まれ、しまいには「タクシー呼べ!」と言われてしまいました。

bus.png

 

Bus Uncle: いらっしゃーい、イマニシ。Busおじさんですよ。
バスの番号とバス停の番号を言ってくれたらわかるから。
例えば、60121の64番バス みたいに。
で、どれぐらいまたなくちゃいけないのか教えるよ。
Nami: トッパイヨー近くの192番バス
Bus Uncle: 192番バスね。だけど、どこのバス停?
(バス停の選択肢が表示される)
Nami: バス停を選択
Bus Uncle: 了解、トッパイヨーバスセンターね。
何言っちゃってんの?192番バスはそこには行かないよ。
Nami: はー?
Bus Uncle: トッパイヨーバスセンターに来るのはこのバス:(バスの番号の一覧)
で、1つ選んで。
Nami: 143
Bus Uncle: 了解、143番バスね。って、タクシー呼びなよ。この時間、公共の交通機関は動いてないって!

 

ガートナーが2016年に発表した、「2017年以降に起こる10の変化」のなかで、2020年までに、世間一般の人は、配偶者よりもChatbotと話しをするようになるだろうと予想されています。2020年まであと1年ですが、この1年で変わるのかしら?Bus Uncle とだったら会話も楽しいかも。

 

References:

Gartner: Gartner Predicts a Virtual World of Exponential Change
https://www.gartner.com/smarterwithgartner/gartner-predicts-a-virtual-world-of-exponential-change/

Channel News Asia: Chatting up the Government will soon be a possibility
https://www.channelnewsasia.com/news/singapore/chatting-up-the-government-will-soon-be-a-possibility-7942962

DBS: DBS introduces Jim, Southeast Asia’s first virtual bank recruiter
https://www.dbs.com/newsroom/DBS_introduces_Jim_Southeast_Asias_first_virtual_bank_recruiter

AI Singapore

20190308_090722

3月8日は国際女性デー。女性のための、AI for Everyone workshop が開催されたので参加してきました。

主催は、AI Singapore。AI Singapore は2017年5月に、シンガポール国立研究財団(National Research Foundation of Singapore: NRF)によってシンガポール人のAIの能力を向上させるために設立されたAI推進プログラムです。

AI Singapore の目的は3つ。

AI研究(次の科学的イノベーション、問題解決の突破口となるものは何かをキャッチする)
AI技術(主な技術的問題解決に挑む)
AIイノベーション(AI利用をより多くの人に広め、人材育成、産業の成長を目指す)

AIイノベーションでは、小学生から社会人まで、対象別にさまざまなプログラムが開催されています。

ai.png

Reference: Presentation Slide from AI Singapore on 8 Mar 2019

AI for Students では、学生に無料でAIを学習するための教材を提供しています。 AI Singaporeは、DataCamp というデータサイエンスに関連したコースを提供いている e-learning のサイトと提携しており、そこから教材を利用できるようです。

ai2.png

AI for Students (March 9, 2019) Retrieved from https://www.aisingapore.org/industryinnovation/ai4s/

このWorkshop には、シンガポールの女性の大臣ジョセフィン・テオ (人材開発大臣兼第二内務大臣相)のお話もありました。彼女は、AIなんてわからないと思うかもしれないけど、興味をもつことは重要であり、AIに関する記事を読むよう、特にAIの今の技術ではできないことは何か、ということに注意しながら記事を読むといいと話されていました。それが将来、どのような人材が必要なのか計画をたてるために必要だと、人材開発大臣らしいお話でした。

シンガポールの大臣のスピーチの全文は、ネットで公開されることが多いので、公開されたらリンクを追加したいと思います。

 

References:

AI Singapore:About Us
https://www.aisingapore.org/about-us/

Singapore will spend $107m to be a force for AI in the next 5 years. It’s just in time
https://www.techinasia.com/singapore-aisg-startups

GovInsider: Exclusive: Singapore’s plan to get ahead on AI
https://govinsider.asia/innovation/laurence-liew-ai-singapore-artificial-intelligence/