Noodle Factory

n1.png

Noodle Factory (March 9, 2019) Retrieved from https://www.noodlefactory.ai/

先日のAI for Everyone workshop で紹介された、Noodle Factory Chatbot を紹介します。

チャットボットを簡単にカスタマイズして一般に使えるようにしたサービスです。何をテーマに会話をさせるのか、テーマになる情報をワードにまとめ、そのワードファイルをNoodle Factory にアップロードするだけで、そのテーマ専用のチャットボットを作成できます。ワードファイルは、特別なフォーマットを用いるのではなく、一般的な文章です。

例えば、学校のオープンキャンパスのイベントを行う際、イベント情報をワードにまとめて Noodle Factory にアップロードするだけ。「イベントは何時からですか?」「学科に関する質問をしたいのですが、学科の先生とお話できますか?」など、イベント担当の人にメールをしなくても、オープンキャンパスのイベント情報を学習したチャットボットを用意しておけば、簡単なイベントに関する質問メールに時間をさくこともなくなります。

6か月のトライアルアカウントを作ってもらったので、試しに、Deep Learning とは何かを Wikipedia からコピーしてワードにし、それをアップロードしてみました。

ファイルがアップロードされたのがわかります。

nf1

そこでDeep Learning ついていくつか質問してみました。

nf2

与えた情報内でしか質問に答えられませんが、質問を理解して、回答を与えられた文章の中からさがします。

質問と回答は記録として残るので、もし回答が正しくなかった場合には、あとから変更することもできます。次回、同じような質問があったときには、ただしい回答をさせるように学習させます。

nf3

チャットボットを作成するには、自然言語処理やDeep Learning を駆使する必要がありますが、その部分をNoodle Factoryがバックエンドで担ってくれるのですね。

 

Reference:

Noodle Factory
https://www.noodlefactory.ai/

投稿者: ImanisinamI

はじめまして。 シンガポールに住み始めて15年。こちらの生活に慣れてしまって、便利な生活が当たり前になってしまったこの頃、シンガポールでの生活を日本の知り合いに話すと、すごいね!って驚かれることがあります。 そこで、シンガポールのITやテック事情などを紹介することができればと思い、このブログをはじめました。 私はもともと理工系で学び、IT企業に就職。その後、短大の専任講師&大学の非常勤講師としてIT関連の授業を教えていました。2005年にシンガポールに移住してからは、シンガポールの高等教育機関のIT学部で教鞭をとっています。 このブログを通して、日本の学生さんにもシンガポールのことを知って頂ければ嬉しいです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中