Touch’n Go

DSC_6740.JPG

マレーシアに来ているので、マレーシア発の e-Wallet を紹介します。Touch’n Go は日本のパスモのような smart card で、1997年から高速の料金所や、電車やチケットの購入などに使われています。

↓は映画館のチケット販売機での写真です。

DSC_6739[1].JPG

2018年の始め、マレーシアの中央銀行 Bank Negara Malaysia が、Touch’n Go のe-Wallet 開始にゴーサインをだしたというニュースがありました。少しずつバージョンアップがされているようですが、現在のMobile Appは、Touch’n Goカードの残高管理、e-Wallet の機能の他、QRコードを利用してのTaxiの支払い機能、RFID追跡機能もあります。

まずインストールして登録画面に行くと、シンガポールかマレーシアの国コードが表示されるので、マレーシアとシンガポールに住んでいる人を対象としているようです。

Screenshot_20190203-002138

まずはe-Wallet 機能、例えば、10マレーシアリンギットをe-Walletに追加したい場合(リロードする場合)、

Screenshot_20190204-102512

クレジットカードから追加するか、マレーシアの主な銀行口座から追加できます。

この Mobile App に2019年1月から、RFID (Radio-Frequency Identification)の追跡機能が追加されました。

Touch’n Go カードはもともと名前の通り、高速の料金所などでカードを接触させ支払いをしてから通りすぎるために使われていました。いちいち料金所で止まらないといけないため、料金所での渋滞を減らせません。その後、Smart Tag が利用され始めましたが、これもセンサーが弱いとゲートが開かないことがあり、あまり広く使われていません。そこで、マレーシア政府はRFID方式に移行することにしました。Smart Tagには電池が必要ですが、RFID方式は、車両にステッカータイプのRFIDタグを貼り付けるだけで、電池交換は必要ありません。この車両にはるRFIDタグの利用は、Touch’n Go e-Wallet の利用者で、マレーシアで登録されている車のみです。

将来的にシンガポールで登録されている車も登録可能かどうかはわかりません。当面、私はTouch’n Go e-Waller は利用できそうですが、RFID追跡機能は使えなさそうです。

シンガポール登録の車によるマレーシア国内で犯した交通違反の罰金滞納件数が膨らんでいるというニュースはたまに聞くのですが、シンガポール登録の車もRFIDタグの利用を義務化させれば、シンガポール登録の車による交通違反の罰金滞納の問題も解決できるのではないでしょうか。

 

References:

Touch’n Go: Mobile Payment
https://www.touchngo.com.my/html/mobile_payment.aspx

Marketing: Touch ‘n Go gets green light in launching mobile e-wallet
https://www.marketing-interactive.com/touch-n-go-gets-green-light-in-launching-mobile-e-wallet/
New Straits Times: Touch ‘n Go to launch RFID system in Jan 2019
https://www.nst.com.my/cbt/2018/09/414053/touch-n-go-launch-rfid-system-jan-2019

 

 

 

 

Parking.sg

シンガポールのMass Rapid Transit (MAS: シンガポールの地下鉄) は以前と比べてかなり便利になりましたが、まだまだ車社会。公共駐車場に駐車する場合には、紙のクーポンかキャッシュカードを使用して駐車料金を払っていました。

2017年10月から始まったサービス”Parking.sg” では、 Mobile App から駐車場の支払が可能になりました。以前は、駐車時間がきれそうになると、車まで戻ってクーポンと追加しないといけませんでした。見回りの人が来た時にクーポンが切れていると、違反切符がきられてしまいます。

Parking.sgでは、例えば1時間分の駐車料金を先に払ったとして、後から駐車時間が1時間以上になってしまう場合には、同じくMobile App から駐車料金を追加できます。これでわざわざ車まで戻らなくてもいい!という便利なアサービスです。

まず、アプリを立ち上げて車両の種類とナンバーを登録し、駐車場を指定します。

駐車時間を指定して、クレジットカード情報を入力して、駐車料金の支払いをすませます。

現在、駐車料金の支払いに使えるのは、Visa, Masterカード、そして American Express デビット・クレジットカードのみ。
このアプリとクレジットカードがあれば、マレーシアからの車でもクーポンなしで駐車料金を払うことができます。

追記(2019年3月3日):国家開発省 (Ministry of National Development)によると、2017年10月に Mobile App が一般に使われるようになってから、55万台の車両、60%以上の車によって Parking.sgが利用されています。 この Mobile appが公開された当時は、18万冊のパーキングクーポンが販売されましたが、2018年12月の時点では、その3分の1以下の5万冊のパーキングクーポンが販売されました。

References:

Housing & Development Board (HDB): Coupon Parking
https://www.hdb.gov.sg/cs/infoweb/car-parks/short-term-parking/coupon-parking

HDB: More convenience with Parking.sg app when it is available for download on 1 October 2017
https://www.hdb.gov.sg/cs/infoweb/press-releases/more-convenience-with-parking.sg-app

Ministry of National Development: Written Answer by Ministry of National Development on use of parking.sg app
https://www.mnd.gov.sg/newsroom/parliament-matters/view/written-answer-by-ministry-of-national-development-on-use-of-parking.sg-app

NETS Pay, OCBC Pay Anyone, DBS PayLah!, UOB Mighty

一通り使ってみたので、簡単に主な機能をまとめてみました。

NETS Pay OCBC Pay Anyone DBS PayLah! UOB Mighty
利用条件 銀行口座にリンクされたNETSカード保有者 OCBCの口座保有者 DBS/POSBの口座保持者 UOBの口座、クレジットカードなどの保有者
主な機能 デジタルNETSカード。

NETSカードをあらかじめ NETS Pay に登録しておくことにより、店頭で非接触型決済サービスを利用可能。

登録してあるNETSカードからe-walletにお金を移動できる。

e-Wallet で受金するためのMyQRコードを生成可能。

QRコードを読み込むか、携帯番号を指定して、口座から送金 (PayNow)

一日最高$1000。

Email address を指定して送金することが可能。

OCBCの口座に指定した金額を入金してもらうためのQRコードを作成可能。

DBS/POSBの口座からe-walletにお金を移動できる。

QRコードを読み込むか、携帯番号を指定して、e-wallet から一日に最高$999送金できる。

DBS/POSB の iBanking を利用している場合、最高額を変更可能。

eAng Bao を利用して、最大5人に同時に同額を送金できる。

e-Wallet で受金するためのMyQRコードを生成可能。

PayNow機能あり。

店頭で非接触型決済サービスを利用可能。

References:

NETS Pay
https://ialsocan.wordpress.com/2018/12/08/nets-pay/

OCBC Pay Anymore
https://ialsocan.wordpress.com/2018/11/22/ocbc-pay-anyone/

DBS PayLah!
https://ialsocan.wordpress.com/2018/12/04/dbs-paylah/

UOB Mighty
https://ialsocan.wordpress.com/2018/12/08/uob-mighty/

PayNow
https://ialsocan.wordpress.com/2018/12/04/paynow/

 

NETS Pay

NETS Pay は、Network for Electronic Transfers(Singapore)Pte Ltdから提供されている Mobile Wallet。

設定しようとしたら、指紋認証やパターンなどを利用してロックされてる携帯でないとNETS Pay の設定ができないというエラー。

Screenshot_20181206-002356[1]

まずは連携する銀行と口座の設定をします。

タップ&ペイにも対応しているので、これでデビッドカードを選択して非接触型決済端末で決済もできる。

このNETS Pay が他の Mobile Apps と違うところは、例えば、OCBC Pay Anyone は、OCBCの口座を持っている顧客向けのアプリ。それに対して、NETS Payはこのアプリ1つでDBS/POSB、OCBCまたはUOBのカードにアクセスできてしまう!

トランスファー サービスを見てみましょう。以下の3つのメニューが表示されます。

Screenshot_20181206-003802[1]

送金するときは相手の携帯番号を指定して、金額を入力。他行のアプリと同じ。

Screenshot_20181206-003746[1]

受金する際には、金額を指定して “Generate Code” をクリックすると、自分の携帯番号と送金してほしい金額をもとにQRコードが作成されます。このQRコードをスキャンしてもらえば、NETS Pay の e-Wallet に5ドル送金されます。

 

* QRコードは加工して読めなくしてあります。

Reference:

NETS – NETS Pay
https://www.nets.com.sg/consumer/products/netspay

UOB Mighty

UOB Mighty はUnited Overseas Bank (UOB)の Mobile App。設定時の画面のスクリーンショットをとりたかったのだけど、とれない設定になっているみたい。。。ログイン後の画面はこちら。

Screenshot_20181206-000951[1]

このMobile App は、デビットカードやクレジットカードを登録することによって、非接触型決済に対応している店舗での支払いにタップ&ペイを使用できる。このサービスは 2015年11月から開始されており、UOBは非接触型決済サービス(NFC使用)の提供を開始した最初の銀行。

 

携帯自体の設定で、タップ&ペイをUOB Mighty に変更します。

Screenshot_20181208-003913[1]

 

Reference:

UOB – Pay with UOB Mighty
https://www.uob.com.sg/personal/eservices/mobile/how-to-digitise.page

The Straits Times – UOB app enables customers to tap mobile phones for payments
https://www.straitstimes.com/business/banking/uob-app-enables-customers-to-tap-mobile-phones-for-payments

 

PayNow

PayNow は、2017年7月から始まった Peer-to-Peer の送金サービスで、国民と永住権保持者がもつNational Registration Identity Card (NRIC)の番号や、携帯番号を指定することにより、それに紐づけされた銀行口座から送受金できるというサービス。現在、PayNowに参加しているのは9行(Bank of China, Citibank Singapore Limited, DBS Bank/POSB, HSBC, Industrial and Commercial Bank of China Limited, Maybank, OCBC Bank, Standard Chartered Bank,  UOB)。

1つの携帯番号に紐づけすることができる銀行口座は1つだけで、もし他の銀行口座もPayNowで利用したい場合には、NRIC番号に紐づけする必要があります。

2018年8月からは、PayNow Corporate がスタート。あらかじめ登録されたCompany Unique Entity Number (UEN) を利用して送受金できる。こちらは、現在、7行(Citibank, DBS Bank/POSB, HSBC, Maybank, OCBC Bank, Standard Chartered Bank ,UOB)が参加。企業や政府系サービスに対してもPayNowで支払が可能となりました。

2018年8月の時点で、PayNowの登録者数は1.6百万、PayNowを利用した取引額は12億シンガポールドルにのぼります。

References:

ABS – PayNow
https://www.abs.org.sg/consumer-banking/pay-now

ABS – Successful Launch of PayNow Corporate
https://abs.org.sg/docs/library/paynow-launch—press-release-updated-final.pdf

DBS PayLah!

シンガポールで一番最初にQRコードを仕様した決済サービスを始めたのはDBS。DBS PayLahというMobile Wallet は2014年から開始されました。

たとえば、お店で2ドルの買い物をしてMobile Wallet から支払う場合。DBS PayLah!にログインすると、私の Mobile Wallet に5ドルはいってるのがわかります。Mobile Wallet には、”MANAGE”をクリックして口座からいつでも追加できます。

Screenshot_20181128-112046

次に Scan QRからお店のQRコードを読み取ると、お店の名前がでてくるので、指定された金額を入力し、

Screenshot_20181128-112140

確認画面で確認してから、”LET’S GO!”。

Screenshot_20181128-112149

支払終了画面をお店の人に確認してもらえたら決済完了。自分の Mobile Wallet から2ドル使われたのがわかります。

Screenshot_20181128-112159.png

Cheersというコンビニだと、お店のコードと支払額が指定されたQRコードがレシートに表示されて、Scan QR からQRコードを読み込むと、金額を自分で入力することなく送金終了。

DSC_6636.JPG

*QRコードは加工して読めなくしてあります。

お店での支払いだけでなく、携帯番号を指定して、友達に送金することも可能です。相手の携帯でPayLah が使われている場合には、PayLah の e-wallet にお金が入りますが、PayLah ではなく、携帯が銀行口座に紐づけされているだけあれば、PayNowを利用して銀行口座に送金されます。

Screenshot_20181211-130704.png

 

シンガポールではキャッシュレス化が加速しており、屋台でも携帯で決済可能。

DSC_6543.JPG

References:
DBS: DBS PayLah!
https://www.dbs.com.sg/personal/deposits/pay-with-ease/dbs-paylah