NETS Pay

NETS Pay は、Network for Electronic Transfers(Singapore)Pte Ltdから提供されている Mobile Wallet。

設定しようとしたら、指紋認証やパターンなどを利用してロックされてる携帯でないとNETS Pay の設定ができないというエラー。

Screenshot_20181206-002356[1]

まずは連携する銀行と口座の設定をします。

タップ&ペイにも対応しているので、これでデビッドカードを選択して非接触型決済端末で決済もできる。

このNETS Pay が他の Mobile Apps と違うところは、例えば、OCBC Pay Anyone は、OCBCの口座を持っている顧客向けのアプリ。それに対して、NETS Payはこのアプリ1つでDBS/POSB、OCBCまたはUOBのカードにアクセスできてしまう!

トランスファー サービスを見てみましょう。以下の3つのメニューが表示されます。

Screenshot_20181206-003802[1]

送金するときは相手の携帯番号を指定して、金額を入力。他行のアプリと同じ。

Screenshot_20181206-003746[1]

受金する際には、金額を指定して “Generate Code” をクリックすると、自分の携帯番号と送金してほしい金額をもとにQRコードが作成されます。このQRコードをスキャンしてもらえば、NETS Pay の e-Wallet に5ドル送金されます。

 

* QRコードは加工して読めなくしてあります。

Reference:

NETS – NETS Pay
https://www.nets.com.sg/consumer/products/netspay

UOB Mighty

UOB Mighty はUnited Overseas Bank (UOB)の Mobile App。設定時の画面のスクリーンショットをとりたかったのだけど、とれない設定になっているみたい。。。ログイン後の画面はこちら。

Screenshot_20181206-000951[1]

このMobile App は、デビットカードやクレジットカードを登録することによって、非接触型決済に対応している店舗での支払いにタップ&ペイを使用できる。このサービスは 2015年11月から開始されており、UOBは非接触型決済サービス(NFC使用)の提供を開始した最初の銀行。

 

携帯自体の設定で、タップ&ペイをUOB Mighty に変更します。

Screenshot_20181208-003913[1]

 

Reference:

UOB – Pay with UOB Mighty
https://www.uob.com.sg/personal/eservices/mobile/how-to-digitise.page

The Straits Times – UOB app enables customers to tap mobile phones for payments
https://www.straitstimes.com/business/banking/uob-app-enables-customers-to-tap-mobile-phones-for-payments

 

DBS PayLah!

シンガポールで一番最初にQRコードを仕様した決済サービスを始めたのはDBS。DBS PayLahというMobile Wallet は2014年から開始されました。

たとえば、お店で2ドルの買い物をしてMobile Wallet から支払う場合。DBS PayLah!にログインすると、私の Mobile Wallet に5ドルはいってるのがわかります。Mobile Wallet には、”MANAGE”をクリックして口座からいつでも追加できます。

Screenshot_20181128-112046

次に Scan QRからお店のQRコードを読み取ると、お店の名前がでてくるので、指定された金額を入力し、

Screenshot_20181128-112140

確認画面で確認してから、”LET’S GO!”。

Screenshot_20181128-112149

支払終了画面をお店の人に確認してもらえたら決済完了。自分の Mobile Wallet から2ドル使われたのがわかります。

Screenshot_20181128-112159.png

Cheersというコンビニだと、お店のコードと支払額が指定されたQRコードがレシートに表示されて、Scan QR からQRコードを読み込むと、金額を自分で入力することなく送金終了。

DSC_6636.JPG

*QRコードは加工して読めなくしてあります。

お店での支払いだけでなく、携帯番号を指定して、友達に送金することも可能です。相手の携帯でPayLah が使われている場合には、PayLah の e-wallet にお金が入りますが、PayLah ではなく、携帯が銀行口座に紐づけされているだけあれば、PayNowを利用して銀行口座に送金されます。

Screenshot_20181211-130704.png

 

シンガポールではキャッシュレス化が加速しており、屋台でも携帯で決済可能。

DSC_6543.JPG

References:
DBS: DBS PayLah!
https://www.dbs.com.sg/personal/deposits/pay-with-ease/dbs-paylah

OCBC Pay Anyone ™

Screenshot_20181122-010808

シンガポールのメジャーなeWallet 携帯アプリをインストールしてみました。せっかくシンガポールの3行(OCBC、DBS、UOB)に口座を持っているので試してみようと思います。

まずはOCBC Pay Anyone から。こちらは、2017年5月にスタートしたOCBCの Mobile App。ログインするには iBanking のIDとパスワードが必要です。

Screenshot_20181122-002055

その後、ワンタイムパスワードのトークンを使うか、SMSで送られてくる6桁のパスワードを入力すると、ログイン完了。

Screenshot_20181122-005213.png

画面は至ってシンプルで、QRコードを読み込んで支払いをしたり、

Screenshot_20181122-005320

PayNowと同じように、OCBCの自分の口座から、携帯番号を指定した相手に送金可能。

Screenshot_20181122-012726

Facebookを利用すれば、自分と送金した相手にのみFacebook経由で送金の確認をすることができる。

最後のEmailの機能。これは、Emailを指定しただけで相手に送金ができてしまいます。どうやって送金されるんだろう? ということで試してみました。

まずは、OCBC Pay Anyoneの携帯アプリから私のgmailアカウントを指定して、5セント送ることにします♪

Screenshot_20181122-005511.png

次に、送金相手(Emailアドレスの持ち主)との間の、6桁の秘密のパスコードを指定します。確認画面のあと、送金完了のメッセージが表示されます。

Screenshot_20181122-005634.png

では、送金相手のほうを見てみます。Gmailに、NAMI IMANISHIから5セント送られてきたというメールが届きました。

ocbc0

Collect Money のリンクをクリックすると、OCBC Pay Anyoneのサービスを利用することに対して同意が求められ、次に秘密のパスコードを入力するように促されます。

ocbc2.png

この5セントを入金したい銀行と口座を指定します。

ocbc3

確認画面から入金する銀行と口座番号を確認し、入金が完了。

ocbc5.png

また、OCBC Pay Anyone を利用して送金した側には、送金した相手がお金を受け取ったというメッセージが送られます。

msg.png

送金する側はメールアドレスを指定するだけで簡単に送金できるのだけど、受取側は、口座番号を入力しないといけないので、口座番号がわかるものが手元にないといけません。口座番号を調べなくちゃいけないのがちょっと手間かも。

Reference:

OCBC Pay Anyone ™
https://www.ocbc.com/personal-banking/online-banking/payanyone.html

 

OCBC Group: OCBC Bank Launches Cashless QR Code Payments with its First Standalone Mobile Payments App
https://www.ocbc.com/group/media/release/2017/ocbc-bank-launches-payanyone-mobile-payment-app.html

Razer Pay

DSC_6454

Razer はサンフランシスコにグローバル本社をかまえるゲーミングデバイスメーカー。

そのゲーミングデバイスメーカーが e-wallet サービス、Razer Payをマレーシアで開始したのは、2018年7月、数か月前のこと。マレーシアでは、セブンイレブン、スターバックスなどのリテールサービスや飲食店6000店舗以上でRazer Pay で支払いが可能です。

自分の口座のある銀行からRazer Pay にお金を追加するか、またはセブンイレブンにて追加することも可能。

使い方は、Razer Pay のモバイル画面から、Pay (支払い)ボタンをおすと、自分のe-wallet を示すQRコードとバーコードが携帯の画面に表示される。それをセブンイレブンなどのキャッシャーでスキャンし、キャッシャーから支払い金額が入力され決済されると、携帯の画面にTransaction Successful という決済が終了したというメッセージが表示される。

そのRazer Pay が シンガポールのNETSと提携を発表しました。シンガポールでも2019年最初の四半期にはサービスが開始されるようです。

References:

Tech in Asia: Malaysia is the first country to get Razer Pay, Razer’s long-awaited digital wallet
https://www.techinasia.com/razer-pay-launch-malaysia

Razer Press: Razer Pay partners NETS to launch in Singapore in Q1 2019
https://press.razer.com/press-releases/razer-pay-partners-nets-to-launch-in-singapore-in-q1-2019/