OCBC Pay Anyone ™

Screenshot_20181122-010808

シンガポールのメジャーなeWallet 携帯アプリをインストールしてみました。せっかくシンガポールの3行(OCBC、DBS、UOB)に口座を持っているので試してみようと思います。

まずはOCBC Pay Anyone から。こちらは、2017年5月にスタートしたOCBCの Mobile App。ログインするには iBanking のIDとパスワードが必要です。

Screenshot_20181122-002055

その後、ワンタイムパスワードのトークンを使うか、SMSで送られてくる6桁のパスワードを入力すると、ログイン完了。

Screenshot_20181122-005213.png

画面は至ってシンプルで、QRコードを読み込んで支払いをしたり、

Screenshot_20181122-005320

PayNowと同じように、OCBCの自分の口座から、携帯番号を指定した相手に送金可能。

Screenshot_20181122-012726

Facebookを利用すれば、自分と送金した相手にのみFacebook経由で送金の確認をすることができる。

最後のEmailの機能。これは、Emailを指定しただけで相手に送金ができてしまいます。どうやって送金されるんだろう? ということで試してみました。

まずは、OCBC Pay Anyoneの携帯アプリから私のgmailアカウントを指定して、5セント送ることにします♪

Screenshot_20181122-005511.png

次に、送金相手(Emailアドレスの持ち主)との間の、6桁の秘密のパスコードを指定します。確認画面のあと、送金完了のメッセージが表示されます。

Screenshot_20181122-005634.png

では、送金相手のほうを見てみます。Gmailに、NAMI IMANISHIから5セント送られてきたというメールが届きました。

ocbc0

Collect Money のリンクをクリックすると、OCBC Pay Anyoneのサービスを利用することに対して同意が求められ、次に秘密のパスコードを入力するように促されます。

ocbc2.png

この5セントを入金したい銀行と口座を指定します。

ocbc3

確認画面から入金する銀行と口座番号を確認し、入金が完了。

ocbc5.png

また、OCBC Pay Anyone を利用して送金した側には、送金した相手がお金を受け取ったというメッセージが送られます。

msg.png

送金する側はメールアドレスを指定するだけで簡単に送金できるのだけど、受取側は、口座番号を入力しないといけないので、口座番号がわかるものが手元にないといけません。口座番号を調べなくちゃいけないのがちょっと手間かも。

Reference:

OCBC Pay Anyone ™
https://www.ocbc.com/personal-banking/online-banking/payanyone.html

 

OCBC Group: OCBC Bank Launches Cashless QR Code Payments with its First Standalone Mobile Payments App
https://www.ocbc.com/group/media/release/2017/ocbc-bank-launches-payanyone-mobile-payment-app.html

Razer Pay

DSC_6454

Razer はサンフランシスコにグローバル本社をかまえるゲーミングデバイスメーカー。

そのゲーミングデバイスメーカーが e-wallet サービス、Razer Payをマレーシアで開始したのは、2018年7月、数か月前のこと。マレーシアでは、セブンイレブン、スターバックスなどのリテールサービスや飲食店6000店舗以上でRazer Pay で支払いが可能です。

自分の口座のある銀行からRazer Pay にお金を追加するか、またはセブンイレブンにて追加することも可能。

使い方は、Razer Pay のモバイル画面から、Pay (支払い)ボタンをおすと、自分のe-wallet を示すQRコードとバーコードが携帯の画面に表示される。それをセブンイレブンなどのキャッシャーでスキャンし、キャッシャーから支払い金額が入力され決済されると、携帯の画面にTransaction Successful という決済が終了したというメッセージが表示される。

そのRazer Pay が シンガポールのNETSと提携を発表しました。シンガポールでも2019年最初の四半期にはサービスが開始されるようです。

References:

Tech in Asia: Malaysia is the first country to get Razer Pay, Razer’s long-awaited digital wallet
https://www.techinasia.com/razer-pay-launch-malaysia

Razer Press: Razer Pay partners NETS to launch in Singapore in Q1 2019
https://press.razer.com/press-releases/razer-pay-partners-nets-to-launch-in-singapore-in-q1-2019/

 

 

 

DBS MAX

NETS(Network for Electronic Transfers)は、デビットカードと同様の機能をもち、よく利用される決済方法。しかし、小さいお店でNETSを導入するには、端末代など経費がかかってしまう。

そこで、それぞれの銀行のMobile Apps についている Scan and Pay機能を利用すれば、クレジットカードやNETSの決済端末を用意することもない。

お客さんの決済手順は以下:

1.そのお店用に銀行から用意されたQRコードを、お客さんがの携帯のScan and Pay機能を利用して読み込む

Screenshot_20181113-105654

*QRコードは加工して読めなくしてあります。

2.ワンタイムパスワードが送られてくるので、その6桁の番号を入力

Screenshot_20181113-105729

3.携帯番号に紐づけされたお客さんの銀行口座から、お店にいくら支払うのか支払額を入力する

Screenshot_20181113-105810

4.確認画面で確認後、決済終了。

Screenshot_20181113-105836

お店のほうでは、同じく携帯端末から送金されたことを確認できる。

DSC_6446

NETSを利用した際、お店が払う手数料は決済代金の0.8%だが、DBS MAXの利用した場合の手数料は、0.25%でかなりお得。

こちら、2018年11月末から一般利用が可能です。

このデモを見るのに、1セント寄付しちゃった。。。

 

Reference:

NETS – Price Guide
https://www.nets.com.sg/assets/pdf/Price%20Guide.pdf

DBS to launch Singapore’s first mobile-based QR payment collection solution to improve cash flows for SMEs
https://www.dbs.com/newsroom/DBS_to_launch_Singapores_first_mobile_based_QR_payment_collection_solution_to_improve_cash_flows_for_SMEs

 

自動車事故を起こしてしまった場合、、、

誰でも起こりうる自動車事故。

もし事故で車が損傷してしまった場合、その気になる修理代を、携帯から撮影された写真をもとに車の損傷具合を判断してくれる、Oversea-Chinese Banking Corporation Limited (OCBC)の自動車保険のサービス。Minor / Moderate / Severe Damage (軽度、中程度、重度)に分類し、だいたいの修理代の目安を教えてくれます。

こちらは、Proof of Concept (PoC: 概念実証)が終了しただけなので、まだ実際にサービスは開始されてません。

サービスが開始されても、できれば使わないでいたい。。。