HIV 陽性者の情報流出

14,200人のHIV陽性者の個人情報(個人識別番号、名前、連絡先、HIVの検査結果)がオンラインに流出していることが報告されました。ことの発端は、2016年5月、第三者(無権者)に情報が渡っていることが確認され、警察に報告されました。その2年後、その第三者がまだ情報を保持しているとのことで、個人情報が流出してしまった人たちに連絡がなされました。2019年1月、この情報がオンラインに流出していることを確認したため、ニュースになったようです。警察は、もしオンライン上でこの情報を入手したとしても、不正に利用しないようにと呼び掛けています。

シンガポールの保健省 (Ministry of Health)傘下の医療グループ SingHealthでは、2018年7月のサイバー攻撃により首相を含む、国立の病院を利用したことのある1.5万人の個人情報(医療情報は含まない)がハッキングされました。この時は、首相の外来時に処方された薬の情報などが主にターゲットとなっていたようです。この1.5万人の中にうちの子も入っていたようで、情報が流出した旨の手紙が届きました。

SingHealth.png

前回はハッキングで今回は情報流出なので問題が違いますが、どちらにせよセキュリティ対策をしっかり行う必要があります。

 

References:
Channel NewsAsia: HIV-positive status of 14,200 people leaked online
https://www.channelnewsasia.com/news/singapore/hiv-positive-records-leaked-online-singapore-mikhy-brochez-11175718

Today: Cyberattack on SingHealth: Patients hope they won’t become victims of scams
https://www.todayonline.com/singapore/cyberattack-singhealth-patients-hope-they-wont-become-victims-scams

投稿者: ImanisinamI

はじめまして。 シンガポールに住み始めて15年。こちらの生活に慣れてしまって、便利な生活が当たり前になってしまったこの頃、シンガポールでの生活を日本の知り合いに話すと、すごいね!って驚かれることがあります。 そこで、シンガポールのITやテック事情などを紹介することができればと思い、このブログをはじめました。 私はもともと理工系で学び、IT企業に就職。その後、短大の専任講師&大学の非常勤講師としてIT関連の授業を教えていました。2005年にシンガポールに移住してからは、シンガポールの高等教育機関のIT学部で教鞭をとっています。 このブログを通して、日本の学生さんにもシンガポールのことを知って頂ければ嬉しいです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中